EDとは勃起不全の状態を指します。勃起不全を治療するED治療薬の種類をご紹介しています。

EDの悩みは治療薬で改善

EDとは

皆さんは性的に興奮した時にきちんと性器を勃起させる事ができますか?また、一度勃起した性器は性的興奮が治まる、もしくは性的興奮が満足するまでの間、きちんと勃起させ続けることができますか?

多くの人がきちんと勃起する、勃起も維持できる……そのように答えると思います。しかし、実はある病気を発症してしまうと、そのような多くの人がちゃんとできる……いわゆる当たり前の行動、と言うものができなくなってしまいます。その病気とは何なのかというと、EDと呼ばれる病気です。

このEDという病気になってしまうと、性的興奮を感じても勃起しにくくなる、勃起しても維持しにくくなる……というような症状があらわれるようになってしまうのです。

ED(勃起不全)について

性的興奮を感じても勃起しなくなる、勃起しても維持できなくなる……そのような症状が特徴的な病気、それがEDです。このEDという病気は、正式には英語でErectile Dysfunctionと言い、日本語訳すると勃起不全、という名称の病気になります。

この病気と症状というのは先述した文章、そして和訳された病名からもわかると思いますが、性器が勃起しなくなる、勃起しても維持できなくなるという症状です。

症状だけを見ると、そこまで恐ろしいものではないような気がする人もいると思います。しかし、このような症状というのは精神的な負荷も非常に大きく、性器が勃起しなくなってしまったことが原因で徐々に自分というものに対して自信を無くしていってしまい、その結果精神的な病になってしまうという人もいる、非常に恐ろしい病気なのです。

EDの原因

男性にとっては非常に辛い症状であるED、この病気の原因となるものには大きく3つのものがあります。

まず1つ目は加齢や血管、神経の損傷によって発生する器質性EDです。この器質性EDというのは、多くの人が歳を重ねる毎に発症しやすくなり、一定の年齢以上の男性は半数以上がこの器質性EDを発症していると言われています。

そして次に心因性EDです。こちらはストレスや過度の不安、過去の性的なトラウマなどが原因で発症するEDです。

そして最後に、薬剤性EDです。この薬剤性EDというのは、向精神薬などの脳に対して作用する医薬品を服用することによって、脳が性的興奮を感じた時にも性器を勃起させろ!という指示を送らなくなり、その結果発症するものです。

ED治療薬での改善方法

辛いEDの症状をどうにかして改善させたい、そのように思った時には実は専用の医薬品を使用することによって、症状を緩和させることができます。その医薬品というのは、ED治療薬と呼ばれる医薬品です。

このED治療薬を服用すると、治療薬に含まれる成分によって体中の血管が拡張していきます。血管が拡張するということは、血液が流れるスペースに余裕ができるということです。なので、ED治療薬を服用した後というのは、服用前よりもスムーズに体中に血液が流れるようになるのです。そして血液がうまく流れるようになると、性的興奮を感じた際に性器に対して送られる血液の量も服用前と比べると多くなります。

その結果、今まではEDを発症していて性的興奮を感じても上手く血液が流れず、性器が勃起しなかった……という人も、非常に簡単に性器に対して多量の血液を送り込めるようになり、きちんと性器が勃起するようになるのです。

ED治療をする前に知っておくこと

辛いEDの症状を治療したい、そのように思った時にまず知っておくこととして、自分の発症しているEDの原因について、というものがあります。EDには肉体的なものが原因の器質性ED、精神的なものが原因の心因性ED、そして向精神薬などの医薬品が原因の薬剤性ED……この3つのものがあります。

この内、ED治療薬を使用して治療ができるのは実は器質性EDの1つだけで、心因性EDの場合は心理カウンセラーによるカウンセリングや向精神薬などの医薬品を使用した治療を、薬剤性EDの場合はEDの原因となっている医薬品の服用を止めることによって、治療を行うことができます。

なので、もしこれからED治療を行いたいと思っているのであれば、必ず自分のEDは何が原因で発症しているのか……というのを知るようにしましょう。

ED治療薬を始める時期について

ED治療薬を使用してEDを良くしていきたい、このように思った人の多くが考えることとして、一体何時から治療薬を使用した治療を始めれば良いのだろうか……と言うものがあります。そのように悩んでいる人は、治療を始めたい!と思った時に始めるようにしましょう。

というのも、ED治療薬を使用することによって症状が改善する器質性EDというのは、放置していても自然と症状が改善させていくことが無いからです。

更に、ED治療薬には具体的にこのような症状が現れたら治療薬を使用すべきだ……というような明確な指標となるものも存在していないため、ED治療薬を使用したED治療というのは、自分が始めたい、と思った時に始めるというのが、最も良い治療の開始時期なのです。

バイアグラについて

ED治療薬の中でも最も有名なものに、バイアグラと言うものがあります。

このバイアグラはシルデナフィルと呼ばれる成分を含んだED治療薬で、世界で一番はじめに製造されたED治療薬です。

服用すると、シルデナフィルが体中の血管を拡張し、服用以前よりも血流を良くし、性器に対して十分な血液を流すことができるようになり、EDの症状を改善させることができます。

しかし副作用として、血管の拡張が原因で頭痛や顔のほてり、目眩などの症状が現れる場合があります。

病院での処方費としては、25㎎錠と呼ばれる物は1錠あたり1,000円から1,300円程、50㎎と呼ばれる物が1,500円から2,000円程と言われています。

そして、このバイアグラにはジェネリック医薬品と呼ばれる物が存在しています。

このジェネリック医薬品というのはベースとなった医薬品……今回であればバイアグラの成分や作用、副作用などを100%忠実に模倣したものです。そのため、服用時にはバイアグラと同じように血管を拡張させて血流を改善させ、EDの症状を改善させる事ができ、副作用として頭痛や顔のほてり、目眩といった症状が現れます。

ですが、このジェネリック医薬品というのはベースとなった医薬品を模倣して作られている医薬品のため、元々のバイアグラよりも販売価格が非常に低く、1錠あたりの価格が50㎎錠でも1,000円前後となっています。そのため、バイアグラを使用してEDを治療したいけれども、なるべく治療費を安くしたい……という風に思っているのであれば、ジェネリックの製品を使用するのが非常におすすめなのです。

ジェネリックの製品としては、カマグラやアスランスと呼ばれるものなどがあります。

レビトラについて

日本で一番初めに認可が降りたED治療薬、それがバイアグラですが、その次に認可が降りたED治療薬治療薬がレビトラと呼ばれるものです。

このレビトラは塩酸バルデナフィル水和物……一般的にバルデナフィルと呼ばれる成分を主成分としたED治療薬です。このレビトラを服用した場合、このバルデナフィルが体中の血管を拡張させて血流を改善し、EDの症状を緩和させるという、バイアグラと同じような作用が見込めます。ですが、このレビトラはバイアグラを始め、他のED治療薬には存在していない、ある大きな特徴が存在しています。それは何かというと、効果が現れるまでの時間が非常に早いというものです。

このレビトラは服用後30分ほどで効果が現れ始めるという特徴が有るため、行為の直前に服用してもしっかりとした効果を実感することができるのです。

また、副作用としてバイアグラと同じように頭痛や顔のほてり、目眩といった血管の拡張が原因で発症する症状が報告されています。

そして1錠あたりの処方費ですが、レビトラには5㎎、10㎎、20㎎錠の3つのものが存在していますが、5㎎錠は効果が薄いという理由により、現在は処方されていません。そのため、現在処方されているのは10㎎と20㎎錠の2種類のもので、それぞれ相場として10㎎は1錠1,500円前後、20㎎錠は1錠2,000円前後で処方されることが多いという特徴があります。

そして、このレビトラには成分や作用、副作用といったものを100%忠実に模倣したジェネリック医薬品が存在しています。

このジェネリック医薬品の製品には、レビトラ・ジェネリックやバリフ、ブリトラという名称の製品が存在しているのですが、これらの製品は1錠あたりの価格が150~350円程と非常に安価に購入することができます。そして、成分や作用などを忠実に模倣して作られているため、服用時にはレビトラと同じような血管拡張作用によるEDの改善という作用や、頭痛や目眩、顔のほてりなどの副作用が存在しています。

シアリスについて

バイアグラ、レビトラに続き、日本で3番目に認可の降りたED治療薬、それがシアリスです。

このシアリスは世界的に見ても非常に人気の高いED治療薬で、一時は世界シェア42%という、とても高いシェアを記録したことも有り、現在でも多くの人が使用しているED治療薬です。どうしてそのような高い人気があるのか、その理由として作用時間の長さが関係しています。

このシアリスというED治療薬はタダラフィルと呼ばれる成分を主成分として作られているED治療薬なのですが、このタダラフィルの作用自体はバイアグラやレビトラなどの他のED治療薬で使用されているシルデナフィルやバルデナフィルと同じような作用があります。そのため、服用時には血管を拡張させて血流を改善し、正常に性器を勃起させることができるようになり、副作用として頭痛やほてり、めまいなどのED治療薬を服用した際に現れることがあるのです。そのため、人によってはこのシアリスは他のものと何も変わらないのではないか……という風に思う人もいるかも知れません。

しかし、タダラフィルはシルデナフィルやバルデナフィルとは成分の構造が大きく異なっており、身体に吸収されるまでに掛かる時間が長いという特徴があるのです。そのため、このシアリスは効果が現れるまで服用から3時間ほど経たなければ効果が現れませんが、一度効果が現れると最長で36時間程効果が持続するという特徴があるのです。

シアリスには5㎎錠、10㎎錠、20㎎錠、この3種類の物が存在しており、今現在病院で多く処方されている物が10㎎錠と20㎎錠の2種類の物です。そして、10㎎錠は1錠1,500円前後、20㎎錠が1錠2,000円前後で処方される事が多くなっています。

そしてこのシアリスにもジェネリック医薬品と呼ばれる、成分や薬効などを模倣して作られた製品が存在しています。代表的なものにシアリス・ジェネリックやタダシップ、タドラと呼ばれるような製品が存在しており、これらの製品はベースとなったシアリスと全く同じような血管拡張作用によるEDの改善効果や、顔のほてりや頭痛といった副作用が存在していますが、1錠あたりの価格が400円前後と非常に安価に販売されている為、とても手軽に長時間EDの症状を緩和させることができるという大きなメリットがあります。

女性用バイアグラについて

EDに悩む男性が服用することによって、正常に性器を勃起させる事ができるようになる医薬品……それがED治療薬です。

このED治療薬を服用することによって、体中の血管が拡張し血流が改善され、性器に対して十分な血液が流れるようになり、EDの症状を緩和させることができるようになります。そして、そのような嬉しい作用のあるED治療薬の中でも有名なものにバイアグラと呼ばれる製品が存在しているのですが、実はこのバイアグラには2種類のものが存在しているというのを知っていますか?

1つはED治療に使用される、ごくごく普通のED治療用バイアグラ……もう1つは、不感症に悩む女性向けに作られた、女性用バイアグラです。

この女性用バイアグラというのは、ED治療に使用されるバイアグラと同じく、シルデナフィルを主成分としており、女性が服用することによって男性がED治療用のバイアグラを服用した時と同じように、体中の血管が拡張され、性器周辺の血流改善により、性感を得やすくなるという作用があります。そのため、もしあなたの大切なパートナーが不感症に悩まされているのであれば、この女性用バイアグラを服用することによって、性感を高め素敵なひとときを過ごせるようになる可能性もあります。

大切な人との素敵なひとときを過ごしたい、そのように思っているのであれば一度この女性用バイアグラの使用を検討してみませんか?

ED治療薬の割合

現在日本で処方されているED治療薬の中でも特に有名な物……それがバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。

この3つの ED治療薬はそれぞれ異なった特徴が存在しており、バイアグラは程々の長さで強い効果、レビトラは短時間で非常に強力な効果、シアリスは長時間バイアグラと同程度の効果を得ることができるようになっています。そのため、ED治療を病院で行う際には自分の生活習慣や性生活を元にどの治療薬を服用するのか、というのを決めていく必要があるのです。

そして、その際に参考にすると良い物として、ED治療薬の処方割合があります。病院で処方されているED治療薬の割合を知る事によって、どの治療薬が人気なのかを知り、その上で自分好みのものを選べるようになるからです。ED治療薬の処方割合の高いものから順位、シアリス、レビトラ、バイアグラ……この順番に処方率が高いと言われています。

シアリスは長時間バイアグラと同程度の効果を得ることができる、という特徴があるため、シアリスの処方開始前までバイアグラを使用してEDを治療していたいという人が、シアリスに鞍替えしたことが原因でシアリスの処方割合は大幅に上昇したのです。その為、シアリスが病院で処方されるようになってからはシアリスの処方割合がとても高くなり、バイアグラの処方割合がそれに合わせて低下、短時間の間強力な作用があるレビトラはその丁度中間の処方割合となったのです。

ED治療薬を通販で購入

辛いEDの症状を改善させることができる医薬品、それがED治療薬です。

このED治療薬を手に入れたいと思った時には、2種類の方法で入手することができます。まず1つはネット上に存在している医薬品の通販サイトを利用するという方法、そしてもう1つが病院で処方をしてもらうという方法です。

病院で処方してもらう場合のメリットとして大きい物は、やはり医師の診察をうけることができるという点にあります。EDの原因となるものは大きく分類すると3つのものに分けることができますが、時にはそれらの原因が複雑に絡み合って症状を発症している……という場合もあります。そのような時であっても、病院に行って医師の診察を受けた上で処方を行ってもらうことによって、安全かつ確実な治療を進めていくことができるのです。

なので、もし確実にED治療を進めていきたいと思っているのであれば、病院に行って診察を受けるのが良いのですが、その際には注意すべきこと、そしてその注意すべきことから発生する病院利用によるデメリットを知っておきましょう。

その注意点というのは、病院でED治療を行う際には保険が適応されないという点です。

ED治療というのは自由診療という扱いになってしまうため、治療の際には保険が適応されないのです。そのため、ED治療のために病院に行っているということが何かしらの理由で外部に漏れることは起こりにくくなっているのですが、そのぶん治療費が非常に高額になってしまう、というデメリットが存在しているのです。

そして通販を利用してED治療を行いたいと思った場合、病院利用のメリット・デメリットとは全く正反対のメリットとデメリットが発生します。

通販を利用した場合、治療の際には薬の購入費用だけで治療をすすめることができ、更に通販ではジェネリック医薬品を購入することもできる為、非常に安価にED保険が治療をすすめることができるのです。

ですが、そのぶん病院で診察を行ってもらった時のように、医師による診察を受けたうえで治療を進めるという事はできないため、時には自分のEDの原因となっている物とは全く関係のない治療薬を購入してしまい、何時まで経っても症状が改善されない……という状態が発生してしまう可能性もあるのです。

更に、ネット上に存在している通販サイトの中には粗悪品のED治療薬などの医薬品を販売している、非常に悪質な通販サイトも存在しています。そのようなサイトを利用してしまうと、EDの治療ができないばかりか粗悪品の医薬品を服用したことが原因で体調を崩してしまう可能性も有るため、治療時にはきちんとした正規品の治療薬を販売している通販サイトを選んで利用する必要があるのです。

ED治療薬のまとめ

多くの男性を悩ませる、非常に辛いED……この症状を治療し、また性を楽しめるようになりたい、男性としての自信と尊厳を取り戻したい、そのように思った時には様々なED治療薬の中から、自分の性格や生活習慣、性生活の過ごし方などを考慮しながら、自分に最も合った治療薬を選んで使用するようにしましょう。そうすることによって、非常に簡単かつ手軽にEDの症状を治療しまた性を楽しむことができるようになります。

また、ED治療薬を病院で処方してもらいたいと思っているけれども、病院での処方費が高すぎて治療が進められない……そのような悩みを持っている人も、ネット上に存在している医薬品の通販サイトを利用することによって、病院で治療薬を処方してもらうよりも安価に処方薬を手に入れ、治療を進めていくことができます。

なので、もし手軽にそして安価にED治療を進めていきたいと思っているのであれば、医薬品の通販サイトを利用し、手軽かつ安価にEDの治療を進めていきましょう。